一般社団法人スポーツを止めるな

月: 2021年7月

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第一弾「オリンピックで生理になった話」配信開始!

東大病院・能瀬さやか先生と当社団理事1252プロジェクトリーダー伊藤華英による「オリンピックで生理になった話」 の動画を公開しました。

一般社団法人スポーツを止めるなは「1252プロジェクト」として女子学生アスリートが抱える「生理×スポーツ」の課題に対し、トップアスリートの経験や医療・教育分野の専門的・科学的根拠をもって向き合い、教育/情報発信を行う教育プログラムを推進しております。

その「1252プロジェクト」の一環として「Talk up1252」と題し、毎回様々なトップアスリートをゲストに、生理とスポーツに関する対話を展開して参ります。特に、女性トップアスリートによる自身の体験談を通じて、次世代アスリートの悩み解決の一助となることを目指します。この対話は、スポーツを止めるなYoutubeチャンネルでの配信を中心に、様々な形でお届けして参ります。

記念すべき第一回は、本プロジェクトと連携を進めている東京大学医学部附属病院女性診療科・産科助教 女性アスリート外来医師である能瀬さやか先生と当社団理事で1252プロジェクトのリーダーを務める伊藤華英による「オリンピックで生理になった話」をお届けします。

「 Talk up1252」の配信は全10回シリーズの展開を予定しております。
今後も多種多様なアスリートの方々との対談動画を配信していく予定です。
様々な女子学生アスリートに通ずる悩みの一助となる動画として参ります。
是非皆さまご覧ください。

配信URL:https://youtu.be/bVYoDobYa9I

※本取り組みは「スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト『女性アスリート支援プログラム』」の一環となります。

【1252プロジェクト】桐蔭横浜大学にて生理とスポーツをテーマに授業を実施!

7/8に保健体育の指導者志望の学生や、女性活躍などの興味を持った学生に、生理とスポーツをテーマとする1252projectの授業を行いました。参加してくれた日比野(田中)暢子研究室の皆さんありがとうございました。
色々な学生や指導者の皆さんと今後も対話を重ねて行きたいと思っております。1252セッションを受けてみたい学校様、プロジェクトをご一緒いただける方など、お問い合わせは1252@spo-tome.comまで。

【賛同者】元競泳日本代表 中西悠子さんが新たな仲間に!

元競泳日本代表の中西悠子さんが私達の理念に賛同してくださり、スポ止め賛同者に加わって頂くことになりました。多くの若いアスリートの可能性を広げるために、共に走り出しましょう!

中西悠子
元競泳日本代表

=メッセージ=

女性アスリートが避けては通れない「生理」。その生理とうまく付き合いながらベストパフォーマンスを発揮できるお手伝いをしたいと思い、賛同させてもらいました。昔からピルを服用し生理周期をずらしてはいましたが、副作用や不安があるままでした。今はたくさん情報発信ができる時代。私の経験を生かして女性アスリートの味方になり指導者や保護者の皆さんの役に立てるよう全力でサポートして行きたいと思っています。よろしくお願いいたします。