一般社団法人スポーツを止めるな

月: 2021年9月

現場の課題と学びのためのオンラインイベント 「スポ止めカンファレンス」が開催

 「このまま終わってなるものか」。
 コロナ禍における学生アスリートたちの現状と支援策などを科学者やアスリートなど幅広い分野のトップランナーたちと考えるオンラインイベント「スポーツを止めるカンファレンス~コロナ禍での成長~」を18日開催しました。今だからできることを“スポ止め”と一緒に考えてみませんか。
 
 午後1時から始まったカンファレンス、幕開けを飾ったのはスポーツを止めるな共同代表理事で元ラグビー日本代表キャプテン廣瀬俊朗と脳科学者の茂木健一郎さんによるトークセッション。スポーツと脳の関係性は?
 「自分の限界を超えたときに脳内ではドーパミンが出て神経細胞の活動が強化されるんですけど、アスリートは脳科学の研究できる範囲を超えてくるから困ったもんですよ。アスリートって本当にすごい」。茂木さんの興奮が画面越しから伝わってくるような熱いトークに廣瀬も応戦。スポーツと脳の深い関わりに、廣瀬は「それおもろいですね!」の連続でした。
 コロナ禍における学生アスリートへ、茂木さんは「とにかくストレスは脳に悪影響しかない。溜め込まないで今できることをやろう」とメッセージ。「HANDS UP プロジェクトのように今の自身のプレーを映像に残すことがその先の将来につながるはず」とさらなる活動の発展に期待していました。
 その後も『女性アスリートの生理とコンデショニング』『競技転向の強み』『部活動の未来』『女子バスケのこれから』と各テーマをもとに7時間半におよぶ熱いトークセッションが目白押し。
 『競技転向の強み』を語ったのは2021年夏を盛り上げた東京オリンピック陸上女子100メートルハードルに出場した寺田明日香選手とラグビー女子セブンズの白子未祐選手。寺田選手は陸上からラグビーへ、そして再び陸上へと戻り五輪出場。ラグビー転向により細く、軽い体から海外選手と競り合える強い体へと進化し、陸上復帰後に日本新記録を樹立しました。また個人競技からチーム競技への転身により周りを生かすことやチームとしてどう動くべきかなどを考察。その中で客観的に自分を見られるようになったことを紹介しました。 白子選手はラクロスのユース日本代表からラグビーへと競技転向。これまでのキャリアをリセットし、自分の強みにフォーカスしたプレーに集中できるようになったことなど競技転向により出会えた新しい自分の姿を語ってくれました。
 
 多くのトップランナーたちが学生アスリートに向けて「今だからできることをやろう」「この逆境を成長の糧にしよう」とエールを送ってくれました。残念ながら大会への出場がかなわなかった選手たちに向けても「やってきたことは無駄じゃない。きっとそれは強みになる」と努力を後押ししてくれました。
 学生アスリートが求める「もっとうまくなりたい」「大会に出たい」「仲間と一緒に成し遂げたい」を叶えたい。スポーツを止めるな代表理事の野澤武史も「今後も学生アスリートに寄り添いながら少しずつカタチにしていきたい」と熱く語っていました。
 スポーツを止めるなでは現在クラウドファンディング、学生アスリートの未来を切り拓く『HANDS UP プロジェクト』を実施しています。ひとりでも多くの学生が、自ら手を挙げ、動き出せるように。この国のスポーツ界に、新しい可能性を。ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。
詳細は https://readyfor.jp/projects/spo-tome2021 をご覧ください。
 
 スポ止めカンファレンスのご視聴はこちらから 

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第二弾「生理もケガも我慢は美徳じゃない話」配信開始!

1252プロジェクト」の一環として、毎回様々なトップアスリートをゲストに、生理とスポーツについて楽しくお話する対談コンテンツ「Talk up 1252」。

第二回は、元バレーボール女子日本代表・大山加奈さんと当社団理事で1252プロジェクトのリーダーを務める伊藤華英による「生理もケガも我慢は美徳じゃない話」 をお届けします。

Talk up 1252」の配信は全10回シリーズの展開を予定しております。
今後も多種多様なアスリートの方々との対談動画を配信していく予定です。
様々な女子学生アスリートに通ずる悩みの一助となる動画として参ります。是非皆さまご覧ください。

配信URLhttps://youtu.be/us-gY8H9veE

本取り組みは「スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト『女性アスリート支援プログラム』」の一環となります。

スポーツを止めるなカンファレンス                ~コロナ禍での成長~ オンライントークイベント開催

当社団には、新型コロナウイルスにより満足に活動が行えていない学生アスリートの声が多数寄せられています。

「予定していた大会が中止になってしまった」、「練習は11時間まで」、「仲間とともに何かを成し遂げたい」、「とにかく自分を成長させたい」

そんな声に応えるため、また日頃から学生アスリートを支える周囲の皆様にも気付きがあるような「スポーツを止めるなカンファレンス」コロナ禍での成長を開催致します。

当日はライブ配信ということで多くの皆様からの疑問質問にもお応えしていきたいと考えています。

この一連のセッションに参加することで、現状の学生アスリートが抱えている課題や、スポーツを止めるなの活動についてより多くの方々に知って頂き、支援の輪をさらに広げていくことを目的としています。

 

■日時:2021年9月18日(土)13:00~20:30


■配信先: URLhttps://spo-tome.com/conference/

スポーツを止めるな公式Youtube 、スポーツナビライブ、Twitterライブでも同時配信を予定


■参加費:無料   事前受付は不要です。 


■プログラム・出演者(敬称略)

130013:1 オープニング  

スポーツを止めるな 共同代表理事  最上 紘太

スポーツを止めるな 理事/元競泳日本代表  伊藤 華英

13:1014:0 スポーツの力

脳科学者  茂木 健一郎

スポーツを止めるな 共同代表理事/元ラグビー日本代表  廣瀬 俊朗

14:2015:2 1252 生理とコンディショニング

日本体育大学児童スポーツ教育学部 教授/医学博士  須永美歌子

スポーツを止めるな 共同代表理事  最上 紘太

スポーツを止めるな 理事/元競泳日本代表  伊藤 華英

15:4017:0 競技転向 強みを伸ばす

陸上女子100mハードル日本記録保持者/陸上日本代表  寺田 明日香

プロ7人制ラグビー選手/7人制ラグビー日本代表  白子 未祐

スポーツを止めるな 代表理事/元ラグビー日本代表  野澤 武史

スポーツを止めるな 共同代表理事/元ラグビー日本代表  廣瀬 俊朗

17:2018:4 部活の未来

IBM BIG BLUE 所属/アメリカンフットボール日本代表 主将  近江克仁

日本バスケットボール協会 スポーツパフォーマンス部会 部会長  佐藤晃一

元バレーボール日本代表  横山雅美

スポーツを止めるな 代表理事/元ラグビー日本代表  野澤 武史

1900~20:0 女子バスケのこれから

バスケットボール解説者/元バスケットボール日本代表  中川聴乃

東京羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブ ヘッドコーチ  萩原美樹子

東京羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブ/バスケットボール日本代表  本橋菜子

スポーツを止めるな代表理事/元ラグビー日本代表  野澤 武史

20:00~20:30  クロージング

スポーツを止めるな代表理事/元ラグビー日本代表  野澤 武史

スポーツを止めるな 共同代表理事/元ラグビー日本代表  廣瀬 俊朗

 スポーツを止めるな共同代表理事  最上 紘太


※ 我々スポーツを止めるなが、いま苦境に立たされている学生アスリートに何をすることができるのか、大人たちは何をすべきなのか。このことについて真剣に考え、次なる打ち手を見出していきます。


<お知らせ>

スポーツを止めるなではただ今クラウドファンディングを実施しております。

プロジェクト名:学生アスリートの未来を切り拓く『HANDS UP プロジェクト』

公開期間   :2021年8月9日(月)~9月19日(日)

詳細はhttps://readyfor.jp/projects/spo-tome2021をご覧ください。・  ・  

【賛同者】ラグビー選手 クボタスピアーズ所属 岸岡智樹さんが新たな仲間に!

ラグビー選手の岸岡智樹さんが私達の理念に賛同してくださり、スポ止め賛同者に加わって頂くことになりました。多くの若いアスリートの可能性を広げるために、共に走り出しましょう!

岸岡智樹
ラグビー選手 クボタスピアーズ所属

=メッセージ=

現役選手として今もなおスポーツを心の底から楽しみ、活動できているのはたくさんの方の支えがあり、先輩方の汗と涙があったからだと思います。
可能性あふれる若い世代に夢と希望を持ち続けられるような環境作りを、そして一人でも多くの未来を担う子供たちに先輩方からいただいた恩を送っていけるよう活動して参ります。

オンライン夏合宿プログラム「HANDS UP CAMP」始動

『不完全燃焼を完全燃焼に』を合言葉に、スポーツを止めるは“短期集中型オンライン合宿プログラム「HANDS UP CAMP」”を実施しました。

トップコーチから学ぶ戦略的・論理的思考、今こそ求められる学生アスリートのスキルアップとは何か。

夏合宿とは何か?オンラインでそれを体感できないだろうか

連日の新規感染者数の更新に、終わりの見えない緊急事態宣言。夏合宿の中止や練習時間の制限に部活動の現場からはあきらめの声が漏れ伝わってきます。
当社団代表理事 野澤武史は、選手指導などで各地のグラウンドをまわる中で、指導者や選手たちの苦悩を肌で感じていました。

学生スポーツが完全に止まってしまった2020年。
一方、今年に入って学生スポーツは止まってはいないが、平常にも動いていない。厳しい部活制限が続く公立校と強化を続ける強豪校の間では差が開く一方。指導者と選手の間にも「しょうがない」というむなしさが漂っています。

野澤は「完全にスポーツが止まっていた昨年よりも閉塞感は強い。まずいぞ」と事態の悪化を懸念。
競技への向き合い方を考えることで学生アスリートも関係者も気持ちを高められるのでは…と、ひらめいたのがオンラインでの合宿プログラム「HANDS UP CAMP」でした。

「夏合宿とは何か?を抽象化した時、『きっかけ」や『契機』であったと気づいた。夏合宿で伸びるのではなく、のちに夏合宿での経験がテコの役割を果たし飛躍的な成長につながる。ラグビーで言えば菅平(長野県)は夏合宿の代名詞。普段とは違う集団生活の中で過ごす濃密な時間からチームや競技に対する意識の変化が芽生えますよね。オンラインでそれを体感できないだろうか」。
野澤の発案に夏合宿の中止を決めた千葉県立千葉高ラグビー部が賛同。

プログラムの最終的なゴールは、選手自身が戦略戦術とアクションプランに対して根拠をもって言語化すること。
学ぶべきポイントは『チームカルチャー』『最先端の技術戦術』『知識を深める思考法』、そして選手同士が共通のベクトルへ進むための『コミュニケーションとリーダーシップ』という結論に至りました。
早速、野澤はその世界でのトップランナーたちに講師を依頼。

そして8月6日、1泊2日の夏合宿が動きだしました。

【オンライン夏合宿プログラム「HANDS UP CAMP」】の様子を「スポーツナビ」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/202109030011-spnaviow