ABOUT

Takeshi NOZAWA (Former member of Japan National Rugby Team)Representative Director

We established the company “Never Stop Playing Sports” with the aim to create an environment where all athletes of any sport can be at their best. We provide opportunities for athletes to reflect on their aspiration and support them to achieve that goal. The original movement #Never Stop Playing Rugby2020 on SNS, which began on May 14 amid the COVID-19 pandemic, evolved into “Never Stop Playing Sports” within a few days. We soon recognized similar challenges across sports, such as athletes who retired without another chance to play, and athletes who lost their performance stage and next challenges because of canceled matches. We believe that adults have the responsibility to create a space where young athletes can showcase their talent, and to improve the quality of their athletic life. We’d love to have your support to make this happen. In a few decades, youths that you supported will be invigorating the world of sports. Let’s start giving. We wholeheartedly appreciate your support.
The original movement #Never Stop Playing Rugby2020 on SNS, which began on May 14 amid the COVID-19 pandemic, evolved into “Never Stop Playing Sports” within a few days. We soon recognized similar challenges across sports,
such as athletes who retired without another chance to play,
and athletes who lost their performance stage and next challenges because of canceled matches.
We believe that adults have the responsibility to create a space where young athletes can showcase their talent, and to improve the quality of their athletic life. We’d love to have your support to make this happen. In a few decades, youths that you supported will be invigorating the world of sports. Let’s start giving. We wholeheartedly appreciate your support.

Toshiaki HIROSE (Former member of Japan National Rugby Team)Co-Representative Director

For all who love sports, let’s take action to bring sports closer to our lives!
Let’s open the door to the new era together!

Kota MOGAMI (Communication Producer)Co-Representative Director

There are things we can do, because of the situation we are in.
We grew up playing sports, and now it is our chance to help the next generation do the same. Let’s bring our knowledge and expertise together to give them a brighter future!

競技横断プロデューサー野村忠宏

野村忠宏(柔道家 / 東京 2020 聖火リレー公式アンバサダー))競技横断プロデューサー

目標を持ち努力を重ねること
挫折を味わうこと
成長する喜びを感じること
仲間やライバルとの切磋琢磨など
スポーツを通しての学びは人生においてかけがえのない財産となります。
限られた時間の中で、今という瞬間を頑張っている学生アスリートを
「#スポーツを止めるな」 のメンバーの皆さんと共に応援していきます!

宮田諭(#バスケを止めるな 発起人 / B.LEAGUE 東京エクセレンス選手兼GM)
推進メンバー / 賛同者

この活動がスポーツを続けるための選択肢を考えるきっかけになることを願っています。
アスリートとして、応援し支える人として、
競技への携わり方は様々ですが、スポーツを続ける皆さんを応援しています!

中竹竜二(㈱チームボックス代表取締役 / スポーツコーチングJapan代表理事)顧問

みんなで力を合わせて、#止めるな活動、に大きな波を起こし、新しい”当たり前”を作りましょう。

東俊介(元ハンドボール日本代表主将)賛同者

スポーツを通じた“挑戦の機会”を若い世代が失うことがないように。二度と戻らないかけがえのない時を後悔なく全力で過ごせる環境を整えられるよう先輩アスリートとして活動していきます。スポーツを止めるな!

石原由美子(#チアを止めるな2020発起人 / ㈱JUMPS代表取締役)賛同者

チアリーダーとして、そして未来を担う若者を育成する立場として#止めるな活動、に賛同し私自身も行動してまいります。
一緒に、活動を盛り上げていきましょう!

伊藤華英(スポーツ科学博士 / 元競泳日本代表)賛同者

スポーツの価値を感じている人たちのために動きましょう!そして、様々な人にスポーツが根付きますように。この時代にこそ、アスリートの未来をみんなで応援していきましょう!

井本直歩子(元競泳日本代表 / ユニセフ職員 )賛同者

今、現役アスリートのみなさんが直面しているコロナウィルスの逆境の中で、立ち向かう努力を応援したいと思います。そしてこの逆境で培う精神力、チーム力はきっと将来に役立つと確信しています

近江克仁(#アメフトを止めるな発起人 / アメリカンフットボール日本代表主将 / IBM BigBlue所属)賛同者

この活動を通して、学生アスリートが自分たちの可能性を信じて、挑戦し続けられる社会をつくって行きたいと思います!今こそ、一丸となってスポーツ界を盛り上げて行きましょう!

大西将太郎(元ラグビー日本代表 / ラグビー解説者)賛同者

私たち大人が、それぞれのスポーツを夢中になってやってこれたのは先輩方のお力があったからこそです。今、この未曾有の事態から再び学生達の輝く舞台を整えるのも大人の仕事だと思います。この活動を通じて、学生の皆様が将来の希望を持てる環境作りと、それぞれが持つ大きな夢を叶えるための一助になればと心から思います。

大山加奈(元バレーボール日本代表)賛同者

子供たちの、スポーツの持つ力や可能性を信じ、私たちにできることをともにやっていきましょう!

川村慎(日本ラグビーフットボール選手会会長)賛同者

改めてスポーツの価値を社会に提示していく時が来ています!
アスリートだけでなく全ての人にスポーツの力を一緒に届けましょう!

五郎丸歩(元ラグビー日本代表)賛同者

今我々ができることを一つずつ。同じ道を歩んでいる子ども達の少しでも力になれたら幸いです。

杉山記一(元プロテニスプレーヤー / 橋本総業ホールディングス株式会社Team HAT 男子チーム監督)賛同者

未来を担う子供達のために、スポーツを通じ、世界で活躍するリーダーを育てていきます。情熱を持って、沢山の笑顔を与えていけるよう頑張っていきましょう。

白子未祐(プロ7人制ラグビー選手)賛同者

学生時代からいくつかの競技を経験し、スポーツの楽しさを知り、たくさんの事を学び得ることができました。スポーツは人を成長させてくれるものだと思います。
思い切ってスポーツを楽しめる、目標を目指せる環境づくりに少しでも力になれたらと思います。やるならば目標高く!共に頑張りましょう!

高橋塁(元横浜DeNAベイスターズアスレチックトレーナー)賛同者

新型コロナ禍ですが、「#スポーツを止めるな」で、皆様の力をあわせて、新たなスポーツ文化を構築していきましょう!

田口成浩(日本バスケットボール選手会会長 / 千葉ジェッツ)賛同者

選手会として、コロナの影響を受ける多くの学生達に何か出来ないかと考えてきた中で、「スポーツを止めるな」の活動に賛同し協力させていただくことになりました。
スポーツの繋がりで、1人でも多くのアスリートの力になれればと思います。おいさー!

中川聴乃(元バスケットボール日本代表 / バスケットボール解説者賛同者

無限の可能性を秘める子供達にとって、この活動が少しでも光となり、眩い未来への道しるべとなりますように。また、スポーツの垣根を超え、素晴らしいメンバーと共にスポーツを盛り上げていきます!

羽賀龍之介(#standupjudo発起人メンバー / 2015年世界選手権大会金メダリスト / 2016年リオオリンピック銅メダリスト)賛同者

如何なる状況でもスポーツに出来ることは必ずあるはず。
スポーツ界一丸となりこの状況を乗り越えていきましょう。

桧野真奈美(元ボブスレー日本代表)賛同者

この変化をチャンスに!
思っているだけでは叶わない!
今だから挑戦できることを大切に、一歩踏み出して行動しましょう!
一緒に頑張りましょう!

藤尾香織(#ホッケーを止めるな2020発起人 / 元ホッケー日本代表)賛同者

アスリートの無限の可能性を未来へ繋ぐ新しい形。挑戦し続けるアスリートを心から応援しています!

藤岡 麻菜美(元バスケットボール日本代表 / 千葉英和高等学校 女子バスケットボール部 アシスタントコーチ)賛同者

競技の垣根を越えたスポーツの力で自分らしく今を大事に周りにより良い影響を与えられるよう一緒に成長していきましょう!

益子直美(元バレーボール日本代表)賛同者

「引退」が目標だった現役時代。厳しい指導でバレーを楽しめないまま逃げるように引退しました。
たくさんのことを得られる素晴らしいスポーツ。
未来ある学生たち、子供達のために、スポーツを生涯楽しめる環境作りのお手伝いができれば嬉しいです!

室伏由佳(順天堂大学講師 / スポーツ健康科学博士 / 2004年アテネオリンピック女子ハンマー投代表)賛同者

「可能性への挑戦」私の座右の銘です。
自分の打ち込んでいるスポーツは、実に様々な人たち、環境によって支えられています。
皆さんは、一人ではありません。#スポーツを止めるな ムーブメントは、きっと皆さんの力、支えになると信じています。
その瞬間に掛けていく、「可能性への挑戦」に向けて前進していきましょう!

山本隆弘(元バレーボール日本代表)賛同者

この活動を通じ、学生アスリートや未来の宝である子供たちが安心して目標や夢に向かってチャレンジ出来る環境を築き上げたいと思います。過去から現代!現代から未来へスポーツの素晴らしさを継承し成長させて行きましょう

横山雅美(元バレーボール選手)賛同者

バレーボールを頑張る全ての選手に寄り添える様、微力ながら頑張ります。

吉田耕平(関西大学北陽高校ハンドボール部監督 / U21日本代表GKコーチ)賛同者

自らを売り込むことは慣れない作業かもしれないが、決して傲慢で危険なものではない。選手は、どうかこの機会を未来へのチャンスと捉え、積極的に活用して欲しい。種目の垣根を越え、可能性を広げるこの活動を、これからのスポーツ界のスタンダードとしていこう!

「#スポーツを止めるな2020」とは

コロナ禍で大会が中止となり、進学に向けたアピールの場を失った高校生アスリートに向けて、大会に代わるプレーアピールの機会を提供するために、ラグビー元日本代表の野澤武史、廣瀬俊朗を中心としたメンバーではじめたムーブメントが「#ラグビーを止めるな2020」です。

高校生が自身のプレーアピール動画を作成し、上記のハッシュタグをつけてツイッターにアップすると、それを有名選手やラグビーファン、関係者がRTし進学のチャンスにつなげるという取り組みは、各種メディアで取り上げられたこともあり急速に拡散。実際に複数の選手がこの動画投稿をきっかけに大学進学や、トップリーグ入りのチャンスを掴むことができました。

当初、ラグビーとバスケの2競技ではじめたこのムーブメントでしたが、ほどなくハンドボール、柔道などの競技でも自発的に同じ取り組みがはじまり、競技の垣根を越えた「スポーツを止めるな」ムーブメントとして広がっています。

一般社団法人スポーツを止めるな は、このムーブメントを一過性のもので終わらせず、より拡大、発展させるための推進母体となるために設立されました。

ACTIVITY

元日本代表の大山加奈さん、日本バレーボール協会ユース監督である三枝さんが中心となっているムーブメントです。 多くの選手がプレーを投稿し、コメントを互いに行うなど楽しい雰囲気とともに広がって来ています。

高校生を中心にプレーの投稿が盛んとなり、大学生やトップリーガーなどに拡がっていきました。多くの有名選手たちのRTやコメントもあり、大学やトップリーグのリクルーターの目に留まる形になり、実際に進路獲得につながる事例も出てきています。

高校生を中心にプレーの投稿が盛んとなり、大学生やトップリーガーなどに拡がっていきました。多くの有名選手たちのRTやコメントもあり、大学やトップリーグのリクルーターの目に留まる形になり、実際に進路獲得につながる事例も出てきています。

Mr. Takahashi, a sports trainer in Shikoku area, started as the founder.
There are many play appeal movie posts by club teams and junior high school students, and it is showing excitement.
Former Yakult Swallows director Atsuya Furuta also supported, and he also joined on stage at the 2020 Online Talk Event.

関大北陽高校の吉田先生が発起人となり始まった活動は、徐々に広がりを見せています。オリジナル映像やデザインの投稿などにより盛り上っています。
8月にはリアルな場でのトライアウトが企画されるなど質の高いムーブメントになっています。コロナとうまく付き合い、トライアウトも全国に広がっていくことを期待しています。

Bリーガーの宮田選手が精力的に推進されており、バスケットボールキングも連動した展開となっているムーブメントです。
大学生によるプレー投稿が多く見られ、またバスケットボールキングのインタビュー連載企画などにより持続的に盛り上がっています。
スポーツを止めるな2020オンライントークイベントには日本バスケットボール協会東野技術委員長が登壇するなど今後のさらなる発展が期待されます。

日本代表の千葉選手が中心となって取り組んでいます。
代表選手たちによるプレー動画が学生アスリートに向けて展開されてます。

Yumiko Ishihara plays a central role in promoting this movement.
They provide the opportunity to be seen through Instagram for cheer athletes who have lost the opportunity.

It is expanding along with crowdfunding for holding an alternative competition for ”Inter-High”.
The number of supporters is steadily expanding, such as achieving the planned amount for the first round.

リオオリンピック銅メダリストの羽賀龍之介選手が中心となり、大野将平選手や井上康生監督など著名な柔道家が参加しているムーブメントです。
instagramやtwitterを活用し、独自の練習方法や技術を伝えています。
これにより若手柔道家からも多くの投稿が集まってきています。その広がりは国外にも及んでおり、海外強豪選手の参加、オリンピックチャンネルにおける取り上げなど世界に拡散されています。

COMPANY

社名 一般社団法人スポーツを止めるな
設立 2020年7月
代表理事 野澤武史
所在地 東京都新宿区