一般社団法人スポーツを止めるな

ABOUT

野澤武史(元ラグビー日本代表)代表理事

我々は、競技の垣根を超えて全ての選手が自分らしく輝ける環境を創出するために「一般社団法人スポーツを止めるな」を設立しました。我々は選手自身が「自分がどうありたいのか」を真剣に考える機会を提供し、自分らしくあることを全力で支援します。 新型コロナウイルスが猛威を振るっていた5月14日にスタートさせた「#ラグビーを止めるな2020」というSNSを使った活動は、数日の間に「スポーツを止めるな」に進化しました。活動を続ける中で、いくつかの競技では同じ課題を抱えていることが分かりました。 大会がなくなり仲間との努力を披露する場を持てないまま引退した選手。 大会がなくなり次のステージでプレーするためのアピールの場を失った選手。 選手たちが輝く場を作る、競技人生の質を高めてあげることは大人の責務であると我々は考えます。ぜひ、このような社会を実現するために皆さんの力をお貸し下さい。皆さんの支援を受けた子供たちが数十年後、もっと素敵な恩返しをスポーツ界にしてくれるはずです。最初のgiveを一緒に始めましょう。ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。

廣瀬俊朗(元ラグビー日本代表)共同代表理事

スポーツを愛する仲間のため、スポーツがより身近になるためにアクションしましょう!
新しい時代の扉を開けましょう!

最上紘太(コミュニケーションプロデューサー)共同代表理事

今、この時だからこそ出来ることがあります。
オトナの力でスポーツを一層楽しめるようにみなさんと一緒に歩んで行きましょう。

「#スポーツを止めるな2020」とは

コロナ禍で大会が中止となり、進学に向けたアピールの場を失った高校生アスリートに向けて、大会に代わるプレーアピールの機会を提供するために、ラグビー元日本代表の野澤武史、廣瀬俊朗を中心としたメンバーではじめたムーブメントが「#ラグビーを止めるな2020」です。

高校生が自身のプレーアピール動画を作成し、上記のハッシュタグをつけてツイッターにアップすると、それを有名選手やラグビーファン、関係者がRTし進学のチャンスにつなげるという取り組みは、各種メディアで取り上げられたこともあり急速に拡散。実際に複数の選手がこの動画投稿をきっかけに大学進学や、トップリーグ入りのチャンスを掴むことができました。

当初、ラグビーとバスケの2競技ではじめたこのムーブメントでしたが、ほどなくハンドボール、柔道などの競技でも自発的に同じ取り組みがはじまり、競技の垣根を越えた「スポーツを止めるな」ムーブメントとして広がっています。

一般社団法人スポーツを止めるな は、このムーブメントを一過性のもので終わらせず、より拡大、発展させるための推進母体となるために設立されました。

ACTIVITY

元日本代表の大山加奈さん、日本バレーボール協会ユース監督である三枝さんが中心となっているムーブメントです。 多くの選手がプレーを投稿し、コメントを互いに行うなど楽しい雰囲気とともに広がって来ています。
高校生を中心にプレーの投稿が盛んとなり、大学生やトップリーガーなどに拡がっていきました。多くの有名選手たちのRTやコメントもあり、大学やトップリーグのリクルーターの目に留まる形になり、実際に進路獲得につながる事例も出てきています。
高校生を中心にプレーの投稿が盛んとなり、大学生やトップリーガーなどに拡がっていきました。多くの有名選手たちのRTやコメントもあり、大学やトップリーグのリクルーターの目に留まる形になり、実際に進路獲得につながる事例も出てきています。
四国でスポーツトレーナーをされている高橋塁さんが発起人となり始まりました。 クラブチームや中学生によるプレー投稿が多く、盛り上がりを見せています。 元ヤクルトスワローズ監督の古田敦也さんも応援しており、スポーツを止めるな2020オンライントークイベントにも登壇されました。
関大北陽高校の吉田先生が発起人となり始まった活動は、徐々に広がりを見せています。オリジナル映像やデザインの投稿などにより盛り上っています。 8月にはリアルな場でのトライアウトが企画されるなど質の高いムーブメントになっています。コロナとうまく付き合い、トライアウトも全国に広がっていくことを期待しています。
Bリーガーの宮田選手が精力的に推進されており、バスケットボールキングも連動した展開となっているムーブメントです。 大学生によるプレー投稿が多く見られ、またバスケットボールキングのインタビュー連載企画などにより持続的に盛り上がっています。 スポーツを止めるな2020オンライントークイベントには日本バスケットボール協会東野技術委員長が登壇するなど今後のさらなる発展が期待されます。
日本代表の千葉選手が中心となって取り組んでいます。 代表選手たちによるプレー動画が学生アスリートに向けて展開されてます。
石原由美子さんが中心となって推進されています。 お披露目の機会を失ったチアアスリート達にinstagramを通じて、見られる機会を提供しています。
インターハイの代替大会の開催に向けたクラウドファンディングと絡める形で展開されています。 第一弾の予定金額を達成するなど支援者は順調に広がっています。
リオオリンピック銅メダリストの羽賀龍之介選手が中心となり、大野将平選手や井上康生監督など著名な柔道家が参加しているムーブメントです。 instagramやtwitterを活用し、独自の練習方法や技術を伝えています。 これにより若手柔道家からも多くの投稿が集まってきています。その広がりは国外にも及んでおり、海外強豪選手の参加、オリンピックチャンネルにおける取り上げなど世界に拡散されています。

COMPANY

社名 一般社団法人スポーツを止めるな
設立 2020年7月
代表理事 野澤武史
所在地 東京都新宿区矢来町15