一般社団法人スポーツを止めるな

About

1252プロジェクトとは

 

1252プロジェクトは、女性アスリートが抱える「生理×スポーツ」の課題に対し、トップアスリートの経験や医療・教育分野の専門的知見をもって向き合う教育/情報発信プロジェクト。

 

競技のシーズンや試合のタイミングに合わせて1年間の中でのコンディション・マネジメントが重要となるアスリートの身体。52週(1年間)のうち、約12週は訪れる月経とそれに伴う体調の変化は、多くの女性アスリートにとって避けては通れない問題です。

 

月経周期や身体への影響が一人一人違うからこそ、「個人で解決する問題」としてあまり語られてこなかったこの問題について、トップアスリートや最新の医療・教育の専門家のもと、専門的知見をもって向き合い、共有・発信をしていきます。

 

大切な試合と生理が重なってしまったら? 周期が乱れてしまったら?など「相談する先がない。正しい情報がない。」と感じている女子学生アスリートや、指導する側の監督やコーチ・先生方に向けて、オンライン発信をはじめ、授業やセミナー型の情報発信活動も行っていきます。

 

すべての女子学生アスリートが、正しい知識やサポートが得られ、自分のポテンシャルを最大限発揮できる競技生活を送ることができることを目指します。

Topics

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第四弾「トランスジェンダーの元選手が語る生理の話」配信開始!

Read More →

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第三弾「10代で知りたかったPMSとピルの話」配信開始!

Read More →

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
「国際ガールズ・デー」に向けてスペシャルトークを配信!

Read More →

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第二弾「生理もケガも我慢は美徳じゃない話」配信開始!

Read More →

読売新聞「大手小町」に伊藤華英のインタビュー記事が掲載されました。

Read More →

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第一弾「オリンピックで生理になった話」配信開始!

Read More →

東大病院でオンラインセミナーが実施されます。

Read More →

【1252プロジェクト】桐蔭横浜大学にて生理とスポーツをテーマに授業を実施!

Read More →

【1252プロジェクト】追手門高校にて生理とスポーツをテーマに授業を実施!

Read More →

東大病院との連携が決まりました。

Read More →

スポーツを止めるな『1252プロジェクト』東大病院との連携がスタートします。

Read More →

「Sportsnavi」で1252プロジェクトが紹介されました。

Read More →

「1252プロジェクト」をmi-molletに取り上げていただきました!

Read More →

「北海道新聞」で1252プロジェクトが紹介されました。

Read More →

女子学生アスリートと、関わるすべての人に寄り添う教育プログラム 「1252プロジェクト」を開始します!

Read More →

「朝日新聞デジタル」で1252プロジェクトが紹介されました。

Read More →

Talk up 1252

トップアスリートと「生理×スポーツ」について楽しく話す対談コンテンツ。

1252プロジェクトリーダーである伊藤華英さんと東大病院の能瀬さやか先生がナビゲーターとなり、さまざまなトップアスリートと対談していきます。

#4 トランスジェンダーの元選手が語る生理の話

第四回は、フェンシング女子元日本代表で東京レインボープライド共同代表理事の杉山文野さんと当社団理事で1252プロジェクトのリーダーを務める伊藤華英による「トランスジェンダーの元選手が語る生理の話」をお届けします。

Back Number

#01 オリンピックで生理になった話

東大病院・能瀬さやか先生 × 伊藤華英

#02 生理もケガも我慢は美徳じゃない

元バレーボール女子日本代表・大山加奈さん × 伊藤華英

#03 10代で知りたかったPMSとピルの話

元バドミントン日本代表・潮田玲子さん × 伊藤華英

Members

1252プロジェクトリーダー

伊藤 華英 Hanae Ito

競泳日本代表として競技に取り組んでいた10代の頃、 私にとって生理は「毎月来る当たり前の存在」でしかありませんでした。
競技やメンタルに与える影響について考えたこともなければ、 PMSやPMDDという言葉はもちろん、ピルの存在、副作用、安全性、 海外の選手たちが上手にコントロールしていることも知らなかった。 まさかオリンピックの舞台で後悔することになるなど思いもしませんでした。
今になって考えると、生理について学んだり、相談する場所が身近になかったからだと感じています。
だからこそ、女子学生アスリートの皆さんには、生理についてもっと知って欲しい。 指導者や男性アスリートにも、正しい知識を身につけて欲しい。
1252は、様々な専門家や指導者、教育現場、アスリートに関わるすべての人がつながり、情報を共有し、信頼関係を築いていける場所を提供していきます。

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科 助教
女性アスリート外来医師

能瀬 さやか Sayaka Nose

月経痛や月経前の体調不良、無月経等、女性特有の問題を抱えながらも周囲に伝えられないでいる学生はまだまだ多い現状です。10代から正しい医学的知識を身につけ、自分自身で異常に早く気付き対策をとることは、コンディショニングを考える上で重要となります。

私達産婦人科医は、アスリートを支える立場の皆さんと連携し、女性アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるよう専門家の立場からサポートを行っていきます。

Be a part of our team

モデルチーム/サポート校を募集します。 

1252プロジェクトは、女子学生のみなさまの声を聞きながら、「生理×スポーツ」の課題に新たなソリューションを開発していきたいと考えております。

このプロジェクトの活動には女子学生アスリートや指導者のみなさまの生の声が欠かせません。

アンケート調査や出張授業・オンラインセッションなどを通じて、 女子学生や指導者のみなさまのご意見をいただくためのプロジェクトのモデルチーム/サポート校になっていただける学校を探しております。

モデルチーム/サポート校(中学/高校/大学)にご協力いただきたいこと
 ・学生/指導者に対する意識調査アンケートの実施
 ・トップアスリートや医療関係者による1252セミナー/授業の実施 など

※学校、チーム、部活など、どの単位でもご応募可能です。
※学生のみなさまは、指導者の方や学校の先生、学校関係者にご相談の上、ご応募ください。

モデルチーム/サポート校へのご応募、活動内容の詳細のご確認や、プロジェクトへのお問い合わせは下記よりお願い致します。