一般社団法人スポーツを止めるな

spotome2020

『第2回 1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定』受検申込を開始

一般社団法人スポーツを止めるな(所在地:東京都新宿区、代表理事:伊藤華英、以下当社団)は、女子アスリートに向けた生理とスポーツの教育/情報発信活動である1252プロジェクトの一環として、全ての女子アスリート指導者はもちろん、保護者やアスリート本人にとっても必要な知識を身に付け、学ぶための検定である『1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定』の第2回検定を実施いたします。
本日7月3日(水)に1252エキスパート検定WEBサイトより第2回受検の申込受付を開始し、2024年9月1日(日)~9月14日(土)に実施します。
1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定 WEBサイト
URL:https://1252expert.com/

●『1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定』について

女子アスリートを指導する上で必要な知識を問う検定です。トップアスリートを指導する指導者から、学校教員、保護者、アスリート本人まで女子スポーツ関係者に広く知識を身につけてもらうことを目的に、2階級の検定を設けています。
女性特有の月経課題を中心に、女子アスリートのスポーツ環境を正しく知る基礎データ、医学、運動生理学、栄養学、アンチ・ドーピング、S&Cとケア(ストレングス&コンディショニングとケア)、コミュニケーションの7つ観点から、女子アスリート×生理に関する正しい知識の習得を目指します。
1
女子アスリートを指導するプロフェッショナルとして身につけるべき高度な専門知識

主な対象
女子スポーツの指導者として専門性の高い知識を必要とする方
(女子スポーツの専属コーチ、指導者など)
※2級認定者のみ受検可
2
女子アスリートを指導する上で必ず知っておくべき基礎知識

主な対象
女子スポーツの指導に関わる全ての方
(女子運動部の教員、学校教員、保護者など)

●第1回検定の反響について

第1回検定後に受検者を対象に実施したアンケートでは、受検者の97%が「今後の競技生活や指導において役立つ(とてもそう思う約64%・そう思う約33%)」と回答。
アスリートやスポーツ指導者に本検定を薦めたい(とても薦めたい 約70%・薦めたい 約18%)という声も集まり、『女性アスリートを指導する立場の方なら、検定を受けるべきだと思います』・『テキストがとてもわかりやすく理解しやすかった。指導にも役立つことが多い』・『検定を受ける人が増えれば、共通理解のもと安心して選手たちが競技に取り組むことができると思った』などのポジティブな意見が寄せられ、本検定の意義が受検者に伝わっていることがわかりました。

●実施概要

・開催日時:2024年9月1日(日)~2024年9月14日(土)
・申込期間:2024年7月3日(水)~2024年8月24日(土)
  ※コンビニ決済の申込期間は、8月17日(土)まで
・受検料:1級/12,000円(税込13,200円)、2級/8,000円(税込8,800円)
・受検方式/開催場所  :オンライン受検・インターネットに接続できる環境であれば、どこでも受検可能。
※各級とも4年に1回の更新が必要です。更新は別途費用が発生いたします。
※1252エキスパート検定WEBサイトより会員登録後、7月3日(水)よりお申込が可能となります。
※詳細は1252エキスパート検定WEBサイトをご覧ください。

●テキストブックについて
女子アスリートを指導する上で必要な知識を問う、1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定(1・2級)の出題範囲を網羅したテキストブックです。

月経の仕組みや、必要な栄養、適切な接し方など、スポーツ界における女性特有の課題に対する知識や対策を学び、女子アスリートのパフォーマンス向上に役立つ見識を深めることができます。そして、元東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣の橋本聖子氏やスポーツ庁長官の室伏広治氏をはじめとした、スポーツ業界関係者・トップアスリートによる豪華座談会も掲載しました。女子アスリートを取り巻く環境への提言や当事者の実体験を通して、様々な視点から学びを得ることができる一冊になっています。検定対策はもちろんのこと、日々の女子アスリートへのスポーツ指導のヒントとしてもご活用ください。
また、テキストブックの購入者限定特典として、指導の参考・学びにしていただけるトレーニング動画をご用意しています。
書名:1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定テキストブック
編者:一般社団法人スポーツを止めるな
定価:2,500円(税込2,750円)
仕様:A5判、並製
ページ数:272ページ
ISBN:978-4-491-05375-2
発行:東洋館出版社
販売場所:
▽1252エキスパート検定WEBサイト https://1252expert.com/
▽Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4491053758
※全国の書店、およびオンライン書店でも購入可能です。

●「1252プロジェクト」とは

1年(52週)のうち、約12週は訪れる生理とそれに伴う体調の変化は、女子アスリートにとって避けては通れない問題です。「正しい情報がない」「相談する先がない」と感じる女子アスリートや、その指導者のみなさまに対し、必要な情報を楽しく学ぶためのオンライン発信や授業などの様々なプログラムを提供しています。

1252プロジェクト紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=8D0WARPVGZw
トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk up 1252
https://www.youtube.com/watch?v=bVYoDobYa9I
1252プロジェクト公式インスタグラムアカウント
生理とスポーツの新しい教科書「1252Playbook」
https://www.instagram.com/1252project/

●お問い合せ

1252プロジェクトについてはこちら。
https://spo-tome.com/1252-top/
取材申し込み、活動内容へのお問い合わせ窓口はこちら。
info@spo-tome.com

●報道におけるお願い

メディア様でお取り上げ頂く際は、可能な限り下記いずれかのロゴをご使用頂きますようお願い申し上げます。

社団ロゴ

コミュニケーションロゴ

1252プロジェクトロゴ

1252公認
女子アスリートコンディショニングエキスパート検定ロゴ

スポーツを止めるな新代表理事・新理事就任記念 スペシャルInstagram LIVE

「わたしたちがスポーツにできること ~自分らしくいられる瞬間に出会うために~」配信決定!

出演
一般社団法人スポーツを止めるな 代表理事 伊藤華英(元競泳日本代表)
一般社団法人スポーツを止めるな 理事 大山加奈(元バレーボール日本代表)
配信日時
2024
64日(火)1200

一般社団法人スポーツを止めるな(所在地:東京都新宿区、代表理事:野澤武史)は、2024年6月1日付で元競泳日本代表の伊藤華英が代表理事に、元バレーボール日本代表の大山加奈が理事に就任することを記念して、6月4日(火)12:00より、スペシャルInstagram LIVEを配信いたします。

一般社団法人スポーツを止めるなの代表理事に就任した伊藤華英、理事に就任した大山加奈の2人が改めて所信表明を行います!
「スポーツを止めるな」を通してできること、 2人が学生スポーツに対してできること、そして生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」についてトークを展開します。

配信日時:6月4日(火)12:00~ 
出演:
一般社団法人スポーツを止めるな 新代表理事 伊藤華英 (元水泳選手)
一般社団法人スポーツを止めるな 新理事 大山加奈(元バレーボール日本代表)
視聴方法:下記Instagramアカウントプロフィールページより視聴
・大山加奈 アカウント名:kanaoyama0619( https://www.instagram.com/kanaoyama0619/
・スポーツを止めるな アカウント名:spotome2020( https://www.instagram.com/spotome2020/
スポーツを止めるな公式サイト:https://spo-tome.com/

●「スポーツを止めるな」とは

2020年に立ち上がった学生アスリートの成長に寄り添う活動。有志の活動が後に一般社団法人化。
スポーツを通じて若者が自立することを信じサポートを行っています。
「スポーツを止めるな」は、日本を代表するアスリートや専門家に賛同頂き、SNSを中心に活動を展開し、大きなムーブメントとなりました。その後、オンライン学習システムの開発や、教育機関との共同研究など活動の範囲を広げています。
スポーツの地域移行の支援や生理とスポーツをテーマとする1252プロジェクトなど、ユニークな取組みにより、スポーツを通じて社会をより良くするため活動を推進しています。

●「1252プロジェクト」とは

1年(52週)のうち、約12週は訪れる生理とそれに伴う体調の変化は、女子アスリートにとって避けては通れない問題です。「正しい情報がない」「相談する先がない」と感じる女子アスリートや、その指導者のみなさまに対し、必要な情報を楽しく学ぶためのオンライン発信や授業などの様々なプログラムを提供しています。

1252プロジェクト紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=8D0WARPVGZw
トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk up 1252
https://www.youtube.com/watch?v=bVYoDobYa9I
1252プロジェクト公式インスタグラムアカウント
生理とスポーツの新しい教科書「1252Playbook」
https://www.instagram.com/1252project/

●お問い合せ

1252プロジェクトについてはこちら。
https://spo-tome.com/1252-top/
取材申し込み、活動内容へのお問い合わせ窓口はこちら。
info@spo-tome.com

●報道におけるお願い

メディア様でお取り上げ頂く際は、可能な限り下記いずれかのロゴをご使用頂きますようお願い申し上げます。

社団ロゴ

コミュニケーションロゴ

1252プロジェクトロゴ

1252公認
女子アスリートコンディショニングエキスパート検定ロゴ

元競泳日本代表 伊藤華英が代表理事に、元バレーボール日本代表 大山加奈が理事に就任

生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」をはじめとした 女子学生アスリートの活動支援をさらに積極的に

一般社団法人スポーツを止めるな(所在地:東京都新宿区、代表理事:野澤武史、以下当社団)は、2024年6月1日付で、元競泳日本代表・「1252プロジェクト」リーダーの伊藤華英が代表理事に、元バレーボール日本代表 大山加奈が理事に就任することをお知らせします。

日本を代表する女性アスリートが代表理事・理事に就任することを契機に、当社団の活動の一つでもある、生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」をはじめとした女子学生アスリートの活動支援を、さらに積極的に行っていきます。

●新代表理事・伊藤華英

<プロフィール>
北京オリンピック、ロンドンオリンピック競泳日本代表。日本代表選手として2001年から2012年ロンドンオリンピックまで日本競泳界に貢献。2012年10月の国体(岐阜)の大会を最後に現役を引退する。
現役引退後、ピラティスの資格取得。また大学院でスポーツマネジメント・スポーツ心理学を専攻し、その分野にも活動の幅を広げている。また、一般社団法人スポーツを止めるなの1252プロジェクトリーダーとして、スポーツ×生理について女子学生アスリート・指導者の方に向けての講義など、啓発活動をしている。

<コメント>
今期から一般社団法人スポーツ止めるな代表理事を務めることになりました。伊藤華英です。
コロナ禍から生まれた、スポーツを止めるな。2021年には史上初延期開催をした、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。まさに歴史に残りました。そこからスポーツとは何かという様々な問いにスポーツ界は向き合ってきた、そして向き合っていくと思います。スポーツの可能性は、様々な側面に分かれていますが、スポーツを止めるなは学生アスリートの自立、成長を後押しできる存在に今後ともなっていきたいと考えています。スポーツの価値がよく言及されますが、その中の一つに、一人一人が自分らしさを感じられる瞬間に出会えるということがあると思います。スポーツは社会の縮図とも言われます。スポーツを止めるなの中の1252プロジェクトにおいても社会における新たな価値を提供したいと考えております。皆さんと一緒に、スポーツの価値を考え構築していけたら大変嬉しく思います。

●新理事・大山加奈

<プロフィール>
小学校2年生からバレーボールを始め、小中高全ての年代で全国制覇を経験。高校卒業後は東レ・アローズ女子バレーボール部に入部。日本代表には高校在学中の2001年に初選出され、オリンピック・世界選手権・ワールドカップと三大大会すべての試合に出場。力強いスパイクを武器に「パワフルカナ」の愛称で親しまれ、日本を代表するプレーヤーとして活躍した。
​2010年6月に現役を引退し、2021年に不妊治療を経て双子の女の子を出産。現在は全国での講演活動やバレーボール教室、解説、メディア出演など多方面で活躍しながら、バレーボールを通してより多くの子どもたちに笑顔を届けたいと活動中。

<コメント>
スポーツは本来、勝つことだけを目指すものではなく、健康な身体をつくるため、楽しむためにあるものです。そのスポーツの本質をというものをこのスポーツを止めるなそして1252プロジェクトを通じて多くの方に知っていただきたいですし、今一度思い出してもらいたいと思っています。
スポーツには人生を豊かにしてくれるチカラがあります。スポーツのチカラで1人でも多くの方の人生が豊かになる、そのお手伝いができればと思っています。
日本のスポーツ界が健全でより素晴らしいものになるよう理事として尽力いたします。

● スポーツを止めるな新代表理事・新理事就任記念スペシャルInstagramライブ
「わたしたちがスポーツにできること~自分らしくいられる瞬間に出会うために~」

一般社団法人スポーツを止めるなの代表理事に就任した伊藤華英、理事に就任した大山加奈の2人が改めて所信表明を行います!
「スポーツを止めるな」を通してできること、 2人が学生スポーツに対してできること、そして生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」についてトークを展開します。

配信日時:6月4日(火)12:00~ 予定
出演:
一般社団法人スポーツを止めるな 新代表理事 伊藤華英 (元水泳選手)
一般社団法人スポーツを止めるな 新理事 大山加奈(元バレーボール日本代表)
視聴方法:下記Instagramアカウントプロフィールページより視聴
・大山加奈 アカウント名:kanaoyama0619( https://www.instagram.com/kanaoyama0619/ )
・スポーツを止めるな アカウント名:spotome2020( https://www.instagram.com/spotome2020/ )

●「スポーツを止めるな」とは

2020年に立ち上がった学生アスリートの成長に寄り添う活動。有志の活動が後に一般社団法人化。
スポーツを通じて若者が自立することを信じサポートを行っています。
「スポーツを止めるな」は、日本を代表するアスリートや専門家に賛同頂き、SNSを中心に活動を展開し、大きなムーブメントとなりました。その後、オンライン学習システムの開発や、教育機関との共同研究など活動の範囲を広げています。
スポーツの地域移行の支援や生理とスポーツをテーマとする1252プロジェクトなど、ユニークな取組みにより、スポーツを通じて社会をより良くするため活動を推進しています。

●「1252プロジェクト」とは

1年(52週)のうち、約12週は訪れる生理とそれに伴う体調の変化は、女子アスリートにとって避けては通れない問題です。「正しい情報がない」「相談する先がない」と感じる女子アスリートや、その指導者のみなさまに対し、必要な情報を楽しく学ぶためのオンライン発信や授業などの様々なプログラムを提供しています。

1252プロジェクト紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=8D0WARPVGZw
トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk up 1252
https://www.youtube.com/watch?v=bVYoDobYa9I
1252プロジェクト公式インスタグラムアカウント
生理とスポーツの新しい教科書「1252Playbook」
https://www.instagram.com/1252project/

●お問い合せ

1252プロジェクトについてはこちら。
https://spo-tome.com/1252-top/
取材申し込み、活動内容へのお問い合わせ窓口はこちら。
info@spo-tome.com

●報道におけるお願い

メディア様でお取り上げ頂く際は、可能な限り下記いずれかのロゴをご使用頂きますようお願い申し上げます。

社団ロゴ

コミュニケーションロゴ

1252プロジェクトロゴ

1252公認
女子アスリートコンディショニングエキスパート検定ロゴ

「Sportiva​」にて弊社団理事 伊藤華英のインタビュー記事と「1252プロジェクト」が紹介されました。

2024年4月16日、「Sportiva」にて弊社団理事 伊藤華英のインタビュー記事と「1252プロジェクト」が紹介されました。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2024/04/16/post_16/?cx_testId=41&cx_testVariant=cx_2&cx_artPos=0&cx_type=contextual?cx_recsMode1=&cx_recsMode2=contextual&cx_recsPosition=&cx_recsTest=#cxrecs_s

水泳競技元日本代表が“水のスポーツと生理”について語り合う対談コンテンツ公開!

一般社団法人スポーツを止めるな(所在地:東京都新宿区、代表理事:野澤武史)は、女子学生アスリートに向けた生理とスポーツの教育/情報発信活動である「1252プロジェクト」の一環として取り組むYouTube対談コンテンツ「Talk up 1252」の#12『水のスポーツと生理の話』を公開します。
#12ではゲストとしてアーティスティックスイミング 元日本代表 小谷実可子さんをお迎えし、元競泳日本代表で「1252プロジェクト」リーダーの伊藤華英と水のスポーツと生理について語り合います。
本動画は日本水泳連盟 WHP(Woman’s Health Project)「1252プロジェクト」が連携している特別企画となります。

【Talk up 1252】 #12 『水のスポーツと生理の話』
動画URL:https://youtu.be/0ff9FJgHOlo

YouTube対談コンテンツ「Talk up 1252」はこれまで全11回の配信をしており、「1252プロジェクト」リーダー/当社団理事である伊藤華英と多種多様なアスリートの方々との対談を行っています。第12回目は、ゲストとしてアーティスティックスイミング元日本代表小谷実可子さんを迎え『水のスポーツと生理の話』をお届けします。
アメリカと日本の生理との付き合い方の違いや、生理に対するアーティスティックスイミング独特の文化、水のスポーツにおける対処法など、水泳競技の一線で活躍し続ける二人の知識と経験をお話いただきました。

●コンテンツ概要

タイトル:【Talk up 1252】#12 水のスポーツと生理の話
出演:小谷実可子、能瀬さやか、伊藤華英
URL:https://youtu.be/0ff9FJgHOlo

日本水泳連盟 WHP(Woman's Health Project)とは

医事委員会、アスリート委員会、競技力向上コーチ委員会が連携し、「競泳」「飛込」「水球」「AS (アーティスティックスイミング)」「OWS(オープンウォータースイミング)」の5種目の女性水泳選手が抱える健康問題に対し、選手・指導者・保護者等を対象に教育・啓発・課題抽出・受診環境整備を行い競技力向上に寄与する目的で活動するプロジェクト。

日本水泳連盟 WHP(Woman’s Health Project)公式サイト:https://swim.or.jp/whp/ 

●「1252プロジェクト」とは

1年(52週)のうち、約12週は訪れる生理とそれに伴う体調の変化は、女子アスリートにとって避けては通れない問題です。「正しい情報がない」「相談する先がない」と感じる女子アスリートや、その指導者のみなさまに対し、必要な情報を楽しく学ぶためのオンライン発信や授業などの様々なプログラムを提供しています。

1252プロジェクト紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=8D0WARPVGZw
トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk up 1252
https://www.youtube.com/watch?v=bVYoDobYa9I
1252プロジェクト公式インスタグラムアカウント
生理とスポーツの新しい教科書「1252Playbook」
https://www.instagram.com/1252project/

●お問い合せ

1252プロジェクトについてはこちら
https://spo-tome.com/1252-top/
取材申し込み、活動内容へのお問い合わせ窓口はこちら
info@spo-tome.com

●報道におけるお願い

メディア様でお取り上げ頂く際は、可能な限り下記いずれかのロゴをご使用頂きますようお願い申し上げます。

社団ロゴ

コミュニケーションロゴ

1252プロジェクトロゴ

1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定ロゴ

1252プロジェクトにおけるスポーツ×月経に関して寄せられるご質問実態調査結果を公開しました。

プロジェクトでは、これまで一般社団法人スポーツを止めるなにて過去に実施をした授業・講演、団体などに数多く寄せられるご質問を集計し、その結果を分析いたしました。
これまで寄せられた多くの質問をまとめ、公表をすることで、スポーツと月経に関する悩みを持つより多くの学生・アスリートに、少しでも悩みを解消するきっかけを届けられればと考え活動を続けてまいります。

◆よく寄せられるご質問 その1

「ピルを飲む時期はいつ頃がいいですか?」

◆よく寄せられるご質問 その2

「競技中、経血が漏れるか心配。何か対策はありますか?」

◆よく寄せられるご質問 その3

「辛い月経でも休めない部活動やサークルの場合はどうすればいいですか?病院に行って薬を処方して貰えば少しは楽になりますか?」

【1252プロジェクト】
「1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定 プレ受検! in桐蔭横浜大学」を実施!

こんにちは!スポーツを止めるな広報です。

2024年2月19日(月)に桐蔭横浜大学にて、女子アスリートを指導する上で必要な知識を問う検定として2024年3月より初の検定を実施する『1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定』のプレ受検が実施されました。

今回のプレ受検には桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部、スポーツ科学部から総勢約10名の学生の方々が参加。

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にある大学で、法学部・工学部とともにスポーツ健康政策学部、スポーツ科学部といったスポーツに関連する学部を持ち、将来の教育指導者やスポーツに関わる人材を多数輩出しています。

今回『1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定』の本受検実施前に、今後スポーツ指導者として女性アスリートと関わっていく機会のある学生の皆様にプレ受検を受けていただきました。

【プレ受検の様子】

実際の検定と同じく、各自パソコンやタブレット、スマートフォンで受検をして頂きました。

結果は見事全員合格!
なんと100点を取られた学生の方もいらっしゃいました。

受検後、学生の皆さんからは、
「指導者として知っておくべき内容だと思う」
「教員になった際に、体育の授業や部活動などで今回学んだことを活かせると考える」
「女性でも男性でも知っておくべき内容が多くあると感じた。また、指導者として活動している人や今後指導を行っていく人にとっても重要な内容が多くあった」
「体育の授業や部活動など学校現場で活かすことができると思う。また、部活動に関しては今後地域への移行が進められるため、外部の部活動指導員への講習の1つとして行う価値があると感じた」
と、これから指導者を目指すうえで、本検定が重要なことを学ぶ機会になったという声を多数いただくことが出来ました。

桐蔭横浜大学のみなさん、ありがとうございました!

1252では、今後も女子学生アスリートがスポーツをもっと安心して楽しめる環境づくりを目指していきます。ご関心のある方はぜひお気軽に1252@spo-tome.comまでお問い合わせください!団体受検について関心のある団体、学校の方々もお問合せください。

・トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk up 1252」
https://www.youtube.com/watch?v=bVYoDobYa9I

・「スポーツ×生理の新しい教科書」をコンセプトとした教育コンテンツ「1252 Playbook」
1252project公式Instagramアカウントにて随時発信
https://www.instagram.com/1252project/

・1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定
トップアスリートを指導する指導者から、学校教員、保護者、アスリート本人まで、女子スポーツ関係者に女子アスリートを指導する上で必要な知識を身につけてもらうことを目的とした検定です。

【検定の詳細はこちら】

1252エキスパート検定公式サイト:https://1252expert.com/

第1回検定は終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました!
第2回検定も予定しております。

詳細は1252エキスパート検定公式サイト、または各種SNSにてお知らせいたします。
スポーツを止めるな公式X:https://twitter.com/spotome2020
スポーツを止めるな公式Facebook:https://x.gd/oHN8r
スポーツを止めるな公式Instagram:https://x.gd/1DHXP
1252プロジェクト公式Instagram:https://x.gd/rdt5U

・1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定テキストブック
女子アスリートを指導する上で必要な知識を問う『1252公認 女子アスリートコンディショニングエキスパート検定(1・2級)』の出題範囲を網羅したテキストブックです。
女性アスリートに関わる方なら知っておきたい知識が収録されています。検定を受けない方にとっても必携の一冊。

紙版販売場所:
▽1252エキスパート検定WEBサイト
https://1252expert.com/

▽Amazon
https://amzn.asia/d/a3DMQ8y
※全国の書店、およびオンライン書店でも購入可能です。

電子版販売場所:
▽Amazon Kindle
https://amzn.asia/d/d7BeQQ4