一般社団法人スポーツを止めるな

1252

生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」がフィガロジャポンのBusiness With AttitudeにてDream Award ファイナリストに選出

一般社団法人スポーツを止めるな(所在地:東京都新宿区、代表理事:野澤武史)の女子学生アスリートに向けた生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」が、フィガロジャポンの新プロジェクト「Business With Attitude」にて「Professional Award」のファイナリストに選出されました。ピッチコンテスト ファイナリスト発表会の様子は3月29日(月)13:00~(1252プロジェクトの登壇は13:45頃)フィガロジャポン公式YouTube( https://youtu.be/o-AU9oA7RwA )にてLive配信されます。

自身がオリンピックと生理が重なり苦労した体験を持つ元競泳日本代表の伊藤華英(当社団理事)を中心に、トップアスリートや東大病院女性診療科・産科 女性アスリート外来の能瀬さやか医師と連携し、最新医療・教育分野の専門的・科学的知見を持って女子学生アスリートと指導者向けに教育・情報発信を行うハブとして活動してきました。

<オンラインを中心としたコンテンツ発信>

トップアスリートの生理にまつわる体験談「Talk Up1252」企画
オンライン授業の様子(追手門高校)
Instagram教材 1252Playbook

アスリートにとって、競技シーズンや試合のタイミングに合わせてコンディション・マネジメントが重要となります。1年間(52週)のうち、約12週は訪れる月経とそれに伴う体調の変化は、多くの女性アスリートにとって避けては通れない問題ですが、相談できる場や正しい知識を持つ機会が少ないことが現状です。

1252プロジェクトでは、今後スポーツ×生理について把握する・学ぶ・相談できる女子学生アスリート向けオンラインプラットフォームの開発を進めていくにあたり、今回のDreaml Awardを通じて、1252プロジェクトの認知促進や課題解決に向けて同じ志を持つ支援者の方々を募っていきます。

■フィガロジャポン Business With Attitude について

新しい発想でビジネスにイノベーションを起こし、明日をより良くしたいと考える女性起業家やその卵たちと日常の悩みや課題を一緒に考え、解決を目指して成長していくコミュニティ、それがBusiness with Attitudeです。
Dream Awardは小学生以上で自らアイデアのプレゼンテーションができるすべての女性が対象で、BWA事務局が夢のアイデアの実現に向けてサポートします。

■フィガロジャポン「Business With Attitude」公式サイト

■ Business With Attitude ピッチコンテスト ファイナリスト発表会

2022年3月29日(火)13:00~ ※1252プロジェクトの発表は13:45頃予定

■1252プロジェクト 

【1252プロジェクト】
アスリートが生理にまつわる体験を語る「Talk up 1252」
第九弾「生理が嫌だと言えるようになった話」配信開始!

 「1252プロジェクト」の一環として、毎回様々なトップアスリートをゲストに、生理とスポーツについて楽しくお話する対談コンテンツ「Talk up 1252」。

 第九回は、女子サッカー選手の下山田志帆さんをゲストに迎え、当社団理事で1252プロジェクトのリーダーを務める伊藤華英と「生理が嫌だと言えるようになった話」をお届けします。

 「 Talk up 1252」の配信は全10回シリーズの展開を予定しております。
今後も多種多様なアスリートの方々との対談動画を配信していく予定です。
様々な女子学生アスリートに通ずる悩みの一助となる動画として参ります。是非皆さまご覧ください。

配信URL:https://youtu.be/8CPMeCrE2dM

※本取り組みは「スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト『女性アスリート支援プログラム』」の一環となります。第六回は、元レスリング日本代表の伊調馨さんをゲストに

え、東大病院能瀬さやか先生
と当社団理事で1252プロジェクトのリーーをめる伊藤華英による「オリンピックを
目指していた時に子宮筋腫が発見された話」をお届けします。